メカニックは見習いのアルバイトでも経験が積める

メカニックという仕事は正社員だから高い技術の修理をするとは限らず、見習いのアルバイトだからといって高い技術が学べるとは限りません。
見習いに高度な修理をさせるということはありませんが、正社員だからといって最初から高度な修理を受け持つわけではありませんから、見習いのアルバイトであっても十分に経験を積むことができるのです。

修理の仕事というのは正社員であろうが、アルバイトであろうがやることは変わりませんからどのような雇用形態であっても、対応した事例というのは大きな経験になっていくものです。
日本の社会ではアルバイト経験だけでは職歴として認められませんが、メカニックのように修理をすることができるのかどうかということが重要となってくる仕事であれば、見習いであっても数多くの経験を積んで人並みの技術があるのであれば重宝される職種となっています。

ステップアップしやすい仕事でもあるので最初は見習いとして働いて、そこから正社員を狙うことができるという利点があります。
一般的な職種の場合、どれだけ頑張っても正社員になることができないということもありますが、専門職というのは実力が重視される世界であるため、経験を積んでいけばいくらでも上を目指すことができます。
そのため、アルバイトであっても十分に経験を積むことができるので、雇用形態にはこだわらずに将来独り立ちをしたいと考えているのであれば、アルバイトからの出発でもそれが大きく不利になるということはないのです。
最初から正社員として働くことができればそれが一番ではありますが、そうではなくても腕があればいくらでも上に行くことができますので、見習いから地道に経験を積んでいくのも悪いものではありません。