アルバイトと人材と保健師について

アルバイトと人材と保健師について、保健師の方の求人については、公務員などの採用として保健師さんとしての枠がある場合には、おおむね、大体6月の前後に地方では正規の職員としての求人があります。

ただ、一方で、例えば臨時のアルバイトとしての人材として、保健師さんの採用募集がある場合には、例えば現在勤めておられる方が妊娠で一度現場を離れる、このような理由や、または結婚のために退職する、このような背景などがあり、アルバイトとしての一時的な人材の確保という形での採用となります。

そのため、倍率などは正規の職員さんとしての求人募集に比べて、当然ですが低いものになっており、また上記のように、突然に求人の募集などが出ることなどもありますので、希望する市町村などや病院で、このような仕事を望んでいる場合には、こまめにHPなどをチェックしてみると、意外にも保健師としての求人募集が、アルバイトとして人材で求められていることが多くあります。

ただ、病院や市町村によっては、上記のような理由から、なかなか空きがでないこともまた事実であり、また実際には、正規の職員としては働けないため、期間を定められた形での人材確保となります。

そのため、どうしても長年にわたって働きたいという希望がある場合、また正規の職員として、公務員として働きたいという希望がある場合には、他の公務員を募集する時期の6月などの時期に、市役所などのHPを確認し、応募をすることで、正規の職員としての採用が決定されます。

それ以外の場合には、ほとんどのケースで、市役所などの求人でも、保健師さんのアルバイトとしての求人や人材確保があるため、臨時でも良い場合には、度々チェックをすると求人があります。