電気屋でのアルバイトはビジネスの基本が身につく

日本ではアルバイトは職歴として認められないという風潮がありますが、だからといってアルバイトで経験したことが全く役に立たないかというとそのようなことはありません。
例えば、電気屋のアルバイトというのはビジネスの基本が身につくものとなっていますから、そこでの経験は将来かならず役に立つものとなります。
もちろん、どのような物をどのようにして売っていたのかということは重要ですが、売上に応じて収入が増えるものだったり、ノルマが課せられているものだったりした時には、それをどうやって売るのかということを頭を使って考えるものですからアルバイトや社員と区別なしに数を売ることができる人というのは、その能力を役立てることができるのです。

営業の仕事というのはどの世界においてももっとも重要な仕事であり、契約を取ることができる社員は重宝されます。
そのため、販売の仕事をしていて売上を大きく伸ばすことができていた人というのは、社員になってからも経験が役立ちますし、それを重視してもらうことができます。
直接客と対してセールスをするというのは、ビジネスの基本が身につくものでもありますからアルバイトといえども一歩リードすることができるのです。

アルバイトは職歴にならないという考えがありますが、結局のところその時の経験が企業にとって役に立つのかどうかということが重要であるため、役に立つと判断をされれば職歴として認められることになりますしそうでなければ意味が無いものとなります。
これは正社員の経験であっても同じように、正社員の経験が企業として無価値なものだと判断されてしまえば、それはアルバイトの経験よりも意味が無いということもありえるのです。